Sugar&Spice GUMBO趣味あまから手帳「滋味風味」
すぐそばにあるBluesやHumor、その他もろもろの雑談横丁。
このところ、フィギュアスケート関係の話が多いです。
「あまから」といいつつ、言いたい放題の辛口御免。
その上不定期。気まぐれワガママ放題の無法地帯。
どうぞ大目に見てください。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
数ヶ月ぶりのご報告は福岡レポから。 15:11

ほんとにご無沙汰していました。

今年も7月に入り後半戦。
あの3.11の日から、多くの方々がそうだったと思いますが
感情と頭が混乱してしまい、ツイッターではその時その時の想いやら情報やらを出すけど
ひとつのものをまとめる、ということがなかなかしにくい状態になっていました。
我が町ではその1か月前に、「ときわ公園の白鳥が鳥インフルエンザ感染により全羽殺処分される」という
これも大変な事態が起こっていまして
それに対するスタンスと大震災のスタンスと原発へのスタンスとの
統一性が非常にとりにくいのです。
価値観がゆらぎ自分に問うけど、一貫性のある実践とはほど遠い。

いろんな事がありました。
いろんな言葉があり 多くの涙があり 祈りがあり怒りがあり
そんな中での、ありがたい、今の私の生活です。

ふと、中原中也の「サーカス」を思い出します。


  サーカス

幾時代かがありまして
   茶色い戦争ありました

幾時代かがありまして
   冬は疾風吹きました

幾時代かがありまして
   今夜此処〈(ここ)〉での一〈ひ〉と殷盛〈さか〉り
      今夜此処での一と殷盛り

サーカス小屋は高い梁〈(はり)〉
   そこに一つのブランコだ
見えるともないブランコだ

頭倒〈(さか)〉さに手を垂れて
   汚れ木綿の屋蓋〈(やね)〉のもと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

それの近くの白い灯が
   安値〈やす〉いリボンと息を吐き

観客様はみな鰯〈(いわし)〉
   咽喉〈のんど〉が鳴ります牡蠣殻〈(かきがら)〉と
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

       屋外〈やぐわい〉は真ッ闇〈くら〉 闇〈くら〉の闇〈くら〉
       夜は劫々と更けまする
       落下傘奴〈らくかがさめ〉のノスタルヂアと
       ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん


なぜこれを思い出したかというと、この7月2日に福岡であった
「Fantasy On Ice 2011」というフィギュアスケートのショーを見に行ったのです。
フィギュアのショー、って初鑑賞。
というか、ショーというもの自体、私はあまり観たことがなかったかも。
という中での、キラキラとした夢の一夜でした。
まさしくあの時間は、ゆあーん ゆよーんの夢中ノスタルヂアとなることでしょう

(続く!ここから先はハイテンションかもw)


思えば昨年のFaOI、金沢&福井という場所で「福井なら行ける」だったのですが諸事情でやめにして
「もう一生フィギュアスケート(ジョニー・ウィアー)は観られないかも」とほとんど諦めていたところ
今回は福岡開催。これなら行ける!と飛びついて、ネットのお友達にチケットいい席をお願いして
みんなでつくったジョニー応援タオル&団扇、参加できない方から託されたバナーを手に
「韓流好きのオバチャンと寸分も違わない」と家族には冷笑されw
大好きな福岡に乗り込みました。
ああちょっと、「しろくまカフェ」のパンダママ(アイドルグループ「山嵐」のファンで武道館に初観戦したw)気分デス。

昼に福岡に着き、薬院・平尾あたりを散策して5時頃にマリンメッセ前。
みなさんどこ?どこ?と思っていると、その黄色いジョニ団扇を持った集団が。
リアルでお顔を合わせるのが初めての方たちですが、もう一気にテンション上がります。
客層は圧倒的に女性ファン多しですが、ちらほらとカップルや男性も。
「ショー好き」の熟年ご夫婦、なんかもいらっしゃいましたよ。

そして入るとずらああああっと選手へのお祝い花が。
選手の個性をよく表しているお花たちをリアルでみて「これか〜〜〜!!」と。
シーちゃんはブルー、アッコちゃんは赤、ジョニはピンク、一番びっくりしたのは
ロロ様(キャンデロロ)のハートのお花でした。すばらしい。

(あ、そうそう、今回私、ほんとに撮影諦めていたので、ことごとく何も撮ってないのです。
心おらずに、できる範囲でいろいろとっときゃよかった。ドキュメンタリー好きがきいて呆れる。
ただ今猛反省中です)


入ったらマリンメッセの中央に特設リンク、ピンスポが何本も走っている薄暗いブルーの空間。東ロングはリンク側イス席、リンクから3メートルくらいのところ。目の前、何も無し。
そこが私の席でした。初観戦でリンクサイドって。(あそこってどんなリッチで凄い方たちが座るんだろ、といつもテレビ見て思ってた…)
本当に感謝です。


さて、ショーがはじまります。
こっからさきは、もう頭に残ってる印象しか語れませんがご容赦ください。
(その場で演技の種類や細かな表現を観る余裕などまるでなし。とにかくワタシニできたことは、「一緒の空間にいることを感じる」ことしかありません)

オープニング・白い衣装
ジョニーは横に星か稲妻みたく銀が入ったやつ。「スター」な感じの。若い。ええっ、ッて思うくらい、若かった。いきなり天使だった。シロは天使度ましますよねえ。
群舞では、相変わらずのちょこちょこや盆踊りや。ステファンとリズム感が倍違う。
動画でいつも見てたとおりのことが目の前で起こるのに、実感が増しましたねw
ゆづ君が首が長くて少年ぽい。ロロ様はめちゃ甘い。

あとは順序ちょっと違うとも思うけど、思いつくままに。
*南里君 中庭さん
南里君はこんな大ちゃん風味だったっけ?と思うくらい色っぽいアピールだった気がする
中庭さんは引退と言うことで、スタオベする会場ファンが多かった!こんなに滑れるのになあ、としみじみ。

*今井遙ちゃん
この人10代とは思えない表現力、それも「熟女と少女」の両方をミックスしたような色気。
ふにゃんと柔らかくて、たっぷり感があってとろけそう。
まさに堅さの時期からぬけてこれから「どんどん美味しくなる」匂い立つ果物のよう。
ライバルの村上佳菜子は浅田真央ライン+お侠で弾ける路線、とはまた違う、
さすが荒川静香〜鈴木明子ラインの長久保コーチ。「表現力」をわかっていらっしゃる。

*村上佳菜子ちゃん
ところが佳菜子ちゃんも私の観た回は「しっとり」系のショートプログラム?だった。
オープニングで遙ちゃんと二人スピンしたときにはカナちゃんの方がめっちゃ速くて
軸もぶれないので「うわライバル心満々やな」と思ったけど
もひとつ個性に欠けるような。もちろん、ジャンプは3連続するなど「戦う気満々」で
これぞ若手伸び盛りの闘志、って感じ。

*羽生結弦くん
群舞ででたときはさすがに「少年!」という、細くて首の長さと頭の小ささが
あの時代特有のアンバランスさがあってそれもすばらしかったんですが
今年のプロをショー用に変えて披露という「ロミオ」。もうねえ、タマリマセンでした。
ぐっと「青年らしさ」が増して、顔つきもオトナっぽくなった。
ひ弱なところが無くなって、がっつりこれも「闘志」が見えて、
雄々しいというか若武者のようなロミオ。
ジャンプ、連続入れたよね?そのジャンプがまた高くて軽くてでも力強くて
ほんとに「若竹」のしなる感じ。牛若丸とか、日本男児、とか言いたくなる感じ。
これが少し前の小塚選手みたいに、ぐっと筋肉着いてますます逞しくなるかと思うと
楽しみですねオバチャンはw
終わってからの挨拶がまた、観客に応えるポーズ(指さしだったか?)でもう、
ほんとに「千両役者」の素質たっぷり(この自分に対する色気の自信って、日本男子にはなかなかなかった面だよね)。

*トマシュ・ベルネル青年
この人の好青年ぶりは公私にわたって裏表なさそうで、
それがそのまんまスケートにも現れる感じ。さわやかで気持ちが良くて。
遺戒目は「何した?」という印象が残っていないんだけど(だめじゃん)
もちろん2部のサプライズには、お得感でいっぱいになりました。
まさか青手袋のマイケルをほんとにみられるとは。
リンクサイドギリギリでのムーンウォークはうれしかった〜!

*フィリップ・キャンデロロ様
白状すると、昔私はキャンデロロまではすごく楽しんで男子フィギュアを観てたのです。
ところがそっからあとがストンと熱が冷めてしまったのは何故だろう。
おそらくロロ様があまりにも「濃く」て、そのあと何見ても面白くない風におもってしまっちゃったからかも。
それと、ロロ様の「演出過多」気味にも、正直しんどくなってしまったからもある。
でも目の前のダルタニアンは、みんなを楽しませるために復活して思う存分楽しませるためだけにすべってくれた。
容量の大きさも首の太さも、全てがマニッシュなフェロモンむんむんで。
「容量」のたっぷり感とその力強さが存在感をぐっとあげてます。
フェンシングステップ、剣裁き、バク転、とロロ様印満載。
2部ではなんとまあ、お客様ひとりを完全にいじり倒すという美味しすぎるパフォーマンス。
それもしつこく繰り返す、その繰り返しがねっとり感一杯で、「濃さ」の極地です。
でもいやらしくないんだよなあ。凄く紳士で。からっとしてて。かわいげがあって。
シャツをちぎって投げるというサービスもあり、見事ゲットした仲間に見せていただきましたが
ちゃんとサインが入っているの。ファンサービスのための芸の細やかさと優しさ。
惚れてまうやろ、です。
昔「レッドフォードの笑顔で恋に落ちない女は女じゃない」と言う言葉を聞いたことがありますが
「ロロ様の演技で惚れない女は女じゃない」です、まさしく。

*荒川静香お姉様
ほんとにきれい、ウットリと気品があってきれい。これに尽きます。
なんというんでしょう、お約束のイナバウワーはもちろんですが、スパイラルやスピン
手の一つ一つが流れで自然で、もう、「プロとして何をどう見せたら美しいか」の完成形!って感じです。
特に2部ラストの、倉木麻衣とのコラボは「震災被災者への祈りを込めて」というナンバーで
シーちゃん、歌詞を歌いながら滑ってたんですよ。
だから振り付けが全部、手話のように、
「心から」「あなたのそばにいる」「いつまでも」の一つ一つに意味があって
それを強く感じました。
まさしく、歌がメロディと歌詞で表現しているものを、
スケートの「滑り」と「振り付け」で意味と世界の広がり・厚さをたっぷりと加え重なり合う「コラボ」そのものでした。

*鈴木明子さま
様、ってのも変だな。でもお姉さんでもないし。
アッコちゃんの新ナンバーは「バーレスク」というまさしくショー物。
アッコちゃん大好き大好物の私は、生で見られるのを本当に楽しみにしていたひとりです。
アッコちゃん、腰がもの凄く低い位置で滑るんですよ。スピードもついてるし
印象としては、スピードスケートの選手がカーブを曲がるときくらいの、エッジの傾きだったりする
ホントにぐん!ぐん!って深いんです。これ生で見てホントに実感しました。
ステップやふりは、WSSがほのかに見えたり、踊るパッション・アッコちゃんワールドいっぱいでした。
ただ、2部初めの方だったので観客が今ひとつ暖まってなかったのが可愛そうだった。
アッコちゃん自身も、もう一皮、もう一段「コワイモノ無し!」の自信をもってもいい気がする。
この人も実は良い人で真面目なのが良くも悪くも。でも実は、
別人スイッチ入ったら燃えに燃える、だからこそオリンピックまで行って
あそこであの演技ができたんだから。メラメラ度で焼き尽くして欲しい。観客を。

*村主章枝姐さん
続けると言うことを続けるというのは、なかなか誰にもできない、それをやっている根性と愛の人。それだけでもう、頭が下がります。
ダンス部分のキレキレ感が凄くて、ああこの人はすんごく踊れるんだ!と明るい気分になった。仮面とか夜とかの小道具も素敵だけど、もしかしたら全くの「ダンスナンバー」をやったらいいんじゃないかしら?!と思う〜

*ステファン・ランビエール
実は今回で一番作品的に震えたのはランビの2本でした。
特に1部のラフマニノフのピアノナンバー。シンプルなピアノ演奏と
照明はピンスポ1つ、もしくは2つ。
フィギュアのショー写真で「ピンスポで長い影がリンクに映る」てのがよくありますが
あれは写真撮りなら120%撮りたくなる、撮らねばならないと思う瞬間です。
ピンスポはまるで、天の神のような存在で、その照らし出される中で
わき起こる感情をどうやってわかってもらおうかと苦悩する青年、
私にはそんな風に見えました。
ランビのスピンの素晴らしさも成功したジャンプも、余裕のバタフライも
すべてが「ピンスポット=神」に捧げる吐露。
光と影の美しさ、空間での造形(ポーズ)の完璧さ、音楽との一体感
どこをとっても、時間を止めて密閉したい、そんな衝動に駆られました。
そう、それが「写真」なんですよね。

あああ,そしてメインのジョニのことだが、もう時間が。
長くなってしまったし、次の日記にします!



PS.忘れてた安藤美姫選手。2回目公演だけが「ブラックスワン」だったみたいでお得だったのかも。
しかし、私はこの人まったくもって苦手でどこがいいのかさっぱりわかりませんのですべて辛口。
・やっぱりスピードが遅すぎる。とにかくのろい。重い。
・とまってばかり。(ジョニファンが言うなと言う感じではあるが、それよりずっと)
・少し太った(これもジョニファンが言うなと…あ、でもジョニーは痩せてた!絞ってたよ!)











| figure skating | comments(2) | - | posted by satosugar
スポンサーサイト 15:11
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








ああ〜さすがだ。さすがです!!
中原中也から来るとわ!!

いやそれよりも全てが的確だ〜雄弁だ〜。

最も嬉しかったのは遥ちゃん!
そうなんですよ!今年の遥ちゃんは荒川さんのラインなんですよ!!そう思っていたのですごく嬉しかったデス!!

キリがないので今日はとりあえず〜
posted by こぐまま | 2011/07/06 8:20 PM |
>こぐままさん
ありがとう〜!
遙ちゃん、私はほんとに良かったです。
この人ね「聖母マリア」みたいなプロやったらいいと思うの。今までそういうの
似合う人ってあまりいなかったでしょ?
「儚げ」か「がっちり天才少女」かのどっちかで。
なんだか「母性と少女性」を一緒に持ってるあの雰囲気はね
逸材だと思います!!
posted by satosugar | 2011/07/08 11:36 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>