Sugar&Spice GUMBO趣味あまから手帳「滋味風味」
すぐそばにあるBluesやHumor、その他もろもろの雑談横丁。
このところ、フィギュアスケート関係の話が多いです。
「あまから」といいつつ、言いたい放題の辛口御免。
その上不定期。気まぐれワガママ放題の無法地帯。
どうぞ大目に見てください。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
あけおめからNowhere Boy 00:12



あけましておめでとうございます。
ことしもどうぞよろしくお願いいたします。

昨年末にかなり慌ただしくバタバタしたので、正直疲労蓄積が激しくダウン寸前だったので、
正月は夫と子供だけで2日から夫の実家へ帰省となりました。
私はなんと人生初めてのひとり正月!(独身時代も絶対実家へ帰っていたため)
なので、正月にひとりでしかできないことをと、
テアトル徳山で上映の「Nowhere Boy」を観に。
周南市まで車で1時間半足らず。

ビートルズ映画、というよりも「ジョン・レノンがジョン・レノンになるまでの青春」ってことで
ジョンだからというよりも、複雑な家庭環境の傷つきやすい少年の話、という感じで
でもジュリアとミミがいたからこそジョンになったんだという、
ほんとにこうだったのかも知れないなあ、と思わせるリリカルさとリアル感がありました。

しっかしまあ、ほおんとにジョンがそっくりなんだ。こうも似ている人がいるのかと思うくらい。
声やリヴァプール訛りやらまで徹底していて、うわあ、すっごいなあ、と。
最初の一撃から、あのジャ〜〜〜〜〜〜〜〜ン!!だし
(あれこの曲まだできてないだろ?と思ったw)
他にもいろいろ小ネタが散りばめられていて、ファンならニヤリにやりだし、
あのエピソードもあの絵もあの場所も、私たちはそれぞればらばらの「一つのエピソード」として知っていたことが
ジョンの人生の日々の中に、きちんと「連続して生きていたもの」のかけらなんだと感じられて
統合性にリアリティがあって自然だったのが見事でした。

自分としてはジュリアの奔放さも面白いながら「これじゃあミミ伯母さんがかわいそうだよなあ」とミミ伯母さん立場に立っていたことが、
自分自身でちょっと驚きで
「ここまで世話して育てるってことは、ほんとに大変なんだよ」と。お母さん目線だなあw

ジョンに関しては文句なし!なんだけど、ポールに関してはちょっとなあ。
あんな「地味」な人じゃなかったと思うのよ。持って生まれた外向的性格で
ハンサムでモッテモテだったって話だし。甘いマスクにスレンダー、彼もかなりのテディだったはずだよね?
ビートルズのリーダーも「個性のジョンにするかハンサムで圧倒的なアイドル性のポールにするか」とジョージ・マーティンは悩んだそうだ。
まあ、ジョンが17でポールが15て、差はつけてよかったのかもしれないけどね。

あと、やったら煙草をよく吸う映画だったなあ。
ミミもジュリアももちろんジョンも友だちも街の人もみんなすうすう。
今時はこんなに煙草吸うシーンてみないから(ってこれもなんだかねえ)新鮮だった。

全体的に「ああイギリス映画らしい映画だな」という感じ。コじゃれて抑制が効いてて
色彩、光、すべてのトーンが上品。カッコイイし明るいし、クリア(もっとジョンの子供時代のリヴァプールは炭鉱街だからくすんで汚れた感じをイメージしていた)でクリーン。

ただ、カットがテンポ良く、リズム感もあってよかったのだけど、一番の山場くらいはもっとディープにダークにしても良かったんじゃないかなあ。
全体的に、同じリズムで同じように過ごしていった感じが。最後「え?これでおわり?」みたいな。

どうしてもこれは仕方ないが、「ビートルズ演奏のシーン」のあのほとばしる感じを、もっと観たかった。
演奏がすっごくよかったから、よけいに…これはこの映画に望むことではないんだけどね、
ジョンもみんなも、すっごくよかったから余計に。

しかしこの、日本公開のキャッチは秀逸だなあ。まさしくそうだと思う。
ジョンは愛を叫んでいたんだよね。





| Movie | comments(3) | - | posted by satosugar
スポンサーサイト 00:12
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








1月1日公開!?で、テアトル徳山って懐かしい!
わー絶対行く!1月14日までなんですね。
イギリス映画、好き〜。(ビートルズはあんまり知らないけど・・)
posted by yayoi | 2011/01/05 8:09 PM |
>yayoiさん
1月1日からだったけど、私が行ったのは4日のレディスデー(爆
本当は3日に「ビートルズ都市論」という新書をだされた山大の福屋 利信氏の講演があってそちらに行きたかったのだけど、だらだらしていけなかったんです。
テアトル徳山はミニシアター系のいいのをやってくれて、ほんとに好きで。もっと近かったら通えるのに〜!!

http://theatoku.com/mov.cgi?type=%8F%E3%89f%92%86
posted by satosugar | 2011/01/05 9:36 PM |
あ、上のリンクはテアトル徳山のHPです〜
ビートルズとかジョンについて知らないとちょっとわかんないところもあるかもだけど、
それでもいい映画だと思うよ〜:D
posted by satosugar | 2011/01/05 9:38 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>