Sugar&Spice GUMBO趣味あまから手帳「滋味風味」
すぐそばにあるBluesやHumor、その他もろもろの雑談横丁。
このところ、フィギュアスケート関係の話が多いです。
「あまから」といいつつ、言いたい放題の辛口御免。
その上不定期。気まぐれワガママ放題の無法地帯。
どうぞ大目に見てください。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
雪が降る町 14:43
 JUGEMテーマ:日記・一般

もう残すところ1週間足らず。
今年は年末入っても全く準備態勢を取れず、
心筋梗塞で倒れた母のところへ助っ人に行ったり、
ギリまでインタビューあったり
忘年会2本でまた記憶を失うということだったり(おいおい)
年甲斐もなくボロボロになって走りぬける年末でございます。

関係者のみなさま、ほんとにどうもスミマセンTT

ほんのさっきのこと。車の中でラジオからユニコーンの「雪が降る町」が流れて
ぶわああああっ!と一気に年末気分が胸に押し寄せ
ああああ、ほんとに年末は切ないけどみんな、幸せになりますように、とか
カラオケで「あの鐘を鳴らすのはあなた」を大熱唱したい気分に。

年末2本、1本はELF2月号でのヒューマンインタビューで彫金作家の山本直子さん、
もう1本は年明けにメジャーデビューするソルジェンティのパンフレットに入れる
ロングインタビュー。
いやあ、感動しました。
奇しくも2本のインタビューで同じ事が語られたんですけど、それは

「素直さと前向きさこそが、ブレイクスルーの鍵である」

これってなかなか簡単にできることではないんだけど
そうなんだよな、「自分」のありようってそういうことなんだよな、と
お話を伺っていて痛感しました。

私は尊大な自意識が素直さを押しつぶしているところがあるので
のびる、ってことは自分を壊さなきゃいけないんだとわかっていつつも
どうしてもそれがしにくくて同じところでうろうろしてしまう。

もう一つ、それと呼応するかのように、読んだ本が

『街場のメディア論』内田樹 

途中のメディア論やいろいろは、ところどころ「ん?」というものもありましたが
それでも後半〜エンディングに向けての展開部分

「才能は贈与物である」

というのは、すとーんと合点がいくポイントでした。
「私の利益」や「私の役得」で才能を使うと、悪いことがおこって滅びる。
「自分」を越えていかなければ、自分は腐っていくのです。
そして「自分」を越えていくことこそが、新たな世界と愛を感じることができるんだと。

まさしく、ソルジェンティの2人も、彫金作家の山本直子さんも、
同じ事を体現しておられたのでした。

ソルジェンティインタビューは、1月22日のデビューコンサート@渡辺翁記念会館
で配布します。写真も山口の凄腕カメラマンがバッチリ!!という
ハイクオリティですのでお楽しみに!

そう、このカメラマンの方がほんとに凄くて、ステージ写真でももうぐはああ!という写真をばっちりとられていたのでスゴイ参考になりましたよ。
やっぱりD3で広角18は持たないとな。
| daily | comments(0) | - | posted by satosugar
スポンサーサイト 14:43
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>