Sugar&Spice GUMBO趣味あまから手帳「滋味風味」
すぐそばにあるBluesやHumor、その他もろもろの雑談横丁。
このところ、フィギュアスケート関係の話が多いです。
「あまから」といいつつ、言いたい放題の辛口御免。
その上不定期。気まぐれワガママ放題の無法地帯。
どうぞ大目に見てください。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「私は未来主義者でも過去主義者でもない、まさに現在主義者(プレゼンティスト)である」村野藤吾 14:02
 JUGEMテーマ:日記・一般JUGEMテーマ:アート・デザイン




とにかく、11月はがっぷり「村野藤吾」月間でした。

村野藤吾、という建築家は知っている人には巨匠だが、一般的には丹下健三や安藤忠雄という建築家の方が
名前は知られているかも知れない。
でも、きっとだれでもこの人の建築を見たり接したりしたことはあるはず。
歌謡祭やスターの豪華披露宴などの会場でよくテレビ中継される新高輪プリンス(現・グランドプリンスホテル新高輪)の「飛天の間」。
あれは村野藤吾です。
東京で言えば日生劇場、あの何とも言えない一種異様な、有機的な空間。
早稲田大学もそうだし、みずほ銀行の本店あのほっそーいとんがりの船のようなビルもだ。
これは誰もが知ってるけど中は見たことがないだろう…迎賓館。
関西で言えば、あっとおどろくのが難波の新歌舞伎座。あの古典的で派手派手が。
そして、これもおしまれつつ解体してしまった心斎橋そごうとか。
(心斎橋は、大丸がヴォーリズのネオ・ゴシックに村野藤吾のそごうがアールデコ、と見事な
並びであったわけだ)
他にも、いろいろあげればきりがない。

私も実は「村野藤吾」について詳しくはなかったのだが、これらの豪華絢爛で圧倒的な「力」のある名作達から強烈なインパクトを感じた体験がある。
しかしこれらの生みの親が、宇部で出世作や晩年作を残しているとは、
まったく結びついていませんでした。

結びつけたのは、高校生の小猿くん。
小猿くんは中学の時、自由研究に「宇部にはどうして高層建築物がないのか」という自分の疑問をテーマにして
市内で唯一高い「宇部全日空ホテル」に単身取材に乗り込んだそうだ(これはあとで聞いた話です)
対応してくださった宇部興産の方がとても親切な方で、さまざまな建築の規制や宇部の地盤、などとともに、「宇部興産ビル」を設計された村野藤吾氏の話を教えてくれて、案内をしてくれた上に
貴重な当時のビルパンフレットを小猿にくれたのです。
小猿は俄然村野藤吾に興味を持ち、ネットや本やらであちこち調べ上げ、すっかり
村野藤吾の大ファンになりました。
特に、戦前建築の名作で村野藤吾の代表作である「渡辺翁記念会館」がこんなに身近にあることに、とても誇りを持っていて
見たり会館に入ったりするごとに「ここがスゴイ」「これはすごい」と、本当に涎をたらすように鑑賞し尽くしています。
コマーシャルな村野建築でなくても、その素晴らしさはぎゅうっと詰まってる。

小猿くんも私も、まあ多少マニアックではあるけど、
決して建築の専門家ではないし、知識も乏しい。
でも、詳しいことをしらなくっても、「何これ?!」と思うくらい村野藤吾って
不思議で有機的で結構何でもありで、大きくって大胆でそのくせもう細かい所まで凝っていて
機能だけでない理性だけでない、何か圧倒的な「生命力」を感じるので、
ちょっと注目したら充分楽しめる。
というか、これを知らずに楽しまないのは、モッタイナイ!

「宇部さんぽ隊」という企画でこの建物探訪を出したのは、そんなところからでした。


レポをする上に置いて、私が追ったテーマは2つ。
「村野藤吾とはどのような人なのか?」
「村野藤吾はと宇部の繋がりは何か?」

取材をして現物と向き合い、資料や出版物を調べていくにつけ、感じたことは
村野藤吾は常に「社会と生きる人との関わり方・繋がり方」に高い問題意識を
持っていた、という事でした。
青春時代に空気を吸った大正ヒューマニズムと、戦前〜戦中〜戦後と世界の変動とのあいだで
理想や幸福の絶対的な答えはなく、
あるとすれば、今(そしてこれから)「生きる」人間の命を大切にすることが
答えにつながると、感じられていたような気がするのです。
それこそ晩年まで、その思いで仕事をされていたように感じるわけです。

意匠で特徴的な「曲線」も、このカーヴしかない、絶妙なラインで
大げさな無駄はみじんもなく
素人でもウキウキと楽しく、品があってここちいい。

そう思うと、宇部という街は村野藤吾との「相性」が良かったのではないか
という気がするのです。
戦前、宇部興産が大発展を遂げた時期でしたが、この会社や宇部という街は
三井や三菱などの財閥系資本がどーんと入って炭鉱開発や工業発展を実現したのではなく
地元の資産家や起業家が何人も協力して地域発展に尽力した、という
非常に特異な「市民主義」で発展してきた、という経緯があります。
もちろん、たくさんの労働者の苦労や生活が支えになっていることも事実で、朝鮮からの労働者の悲惨な歴史なども裏にはあるわけですが
それを含めた上で、自分たちの生活の中で社会を創っていく、という「リアル感」があるわけです。
村野藤吾の「ヒューマニズムとリアル感」は、そのような宇部の思想にあっていたように、思ったのです。

そして今、宇部だけでない、これからの社会の「生活のあるべき姿」は、
それが最も大切なのではないかと。

「過去や現在と決別し未来の理想を具象化する」モダニズムの思想や
「過去の遺産こそが価値」という古典主義や
「理想なんてないさ、皮膚感覚こそ命」というポストモダンとは
明らかに違う。
だって、人間って、すべての生活は一色に決められないものでしょう?
どれかの選択はどれかの否定。でもそんなことでは、生活はできないわけですよ。

村野藤吾はそういう意味で、ポストモダン時代などは特に「折衷主義」と言われて
評価が低かった時代もあるようです。でも、
私は、その「バランス感覚」や
「どれも否定しないリアル感覚=人間性への深い理解と包含的優しさ」
が、今の時代にぴったりだとも感じているのです。

タイトルの言葉は、村野藤吾が1919年に発表した論文『様式の上にあれ』の中の名句です。
〜主義、〜イズムという枠組みの入れ物に、人の生活を押し込めるのではなく
今生きる人の幸せや感覚を大切にしようというこの言葉は、
決して「今良ければいい」という刹那的なモノではなく、
「過去のすばらしさを享受する楽しさ、未来の素晴らしさを夢見ることの大切さ、
現在の時を過ごす喜び」これらをすべて否定しない、
という意味ではないでしょうか。
そこにはすべて、「人間性の本質」があるからです。


特にそれを確信したのは、このエピソード。
村野藤吾氏は晩年になって再び、マルクスの『資本論』を読み始め、
毎日電車の中で1ページずつ読んでいるので死ぬまでに読み終えられるか分からない、
というインタビューでした。

人間と社会の本質的なありようを、ずっと問い続けた村野藤吾氏の初期代表作と最晩年作が
人間と社会のあるべき姿を自ら創ろうと苦労を重ねてきた宇部という街にあるというのは
非常に深い意味がある、これは偶然なんじゃない、とそんな気がしています。

ということで、拙文ですが、『フリーペーパー ELF 』12月号(Vol.10)
昨日配布が始まりました。是非読んでいただければ幸いです。
他にも楽しい企画が一杯!
(特に、CrossLandの記事広告はがんばりました!300円の割引券もついているので
ぜひ使ってね!)























| ART | comments(4) | - | posted by satosugar
スポンサーサイト 14:02
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








小猿君すごいなあ〜。たのもしいですね。
Sugarさんも。。。こんなに忙しくしていてこれだけのことをまとめられるなんて〜!!
とあほみたいなことしか書けずすみません。
圧倒的な言葉たち、そして写真ひとつひとつも雄弁で。。。昼寝から完全に覚めない常にぼ〜っとした頭ですが、ちゃんと立って歩かなきゃと思わされました。
子供のおかげでいろんな世界が広がりますよね。
posted by こぐまま | 2010/12/12 3:33 PM |
こぐままさんありがとう〜!
なんのことやらかもしれませんが、宇部という一地方都市は
炭鉱都市として発達してきたのですが、現在はどうやって活性化を図ろうか
四苦八苦しているところ、というような街なのですわ。
で、案外いいものがあっても知らない事が多くて、そのくせみんな「つまらんつまらん」とかいうのね。
それ違ってるよ、いいもんいっぱいあるのよ、というのが私の役目、見たいなw
小猿くんは、なかなか変わった子なのでその「変わった見方」が面白いんだと思うの。
ほんと、子供の感性というのは、いろいろ気づかされるよね。

GPFも終わっちゃったし、来期、ジョニー出てホシイよね…あそこに立つ姿をもっかい見たいなあと
やっぱり思っちゃいますよねえTT
posted by satosugar | 2010/12/12 6:07 PM |
ELFの村野建築記事、読んだとこです。
すっごく見に行きたくなりました!
ヒストリア宇部って、あんなに素敵な建物だったんですね。あの天井!!
絵本カフェには見覚えのあるお顔が2つも・・・早速あいさつに行かなきゃ!
全日空の角の円柱も、中がらせん階段ってマジ!?驚きです。
宇部発展の歴史も興味深いですね。
防府出身なので郷土の歴史といえば毛利さま!な私には、宇部の歴史は目新しく感じられますねぇ。
そういえば、保健センターの裏手にある俵田邸・・・もしかしてあれも?個人住宅は手掛けてないのかな?
娘の習い事で、音楽室に通ってたけど、すっごく素敵でした。
posted by yayoi | 2010/12/13 8:13 PM |
>yayoiさん

どうもありがとうございました。
文字が凄く多くて、読みにくかったと思うのですが、興味を持っていただければ幸いです。
個人宅も設計はされたけど、俵田邸がそうだという記録はないのよ。すてきな洋館ですよね〜私入ったことないのですが、はいれるのかしら?
posted by satosugar | 2010/12/14 10:31 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>