Sugar&Spice GUMBO趣味あまから手帳「滋味風味」
すぐそばにあるBluesやHumor、その他もろもろの雑談横丁。
このところ、フィギュアスケート関係の話が多いです。
「あまから」といいつつ、言いたい放題の辛口御免。
その上不定期。気まぐれワガママ放題の無法地帯。
どうぞ大目に見てください。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Power Of Smile 10:35
 JUGEMテーマ:写真

廃墟ばかりが続くのもしんどいので中休み。



日曜日は、この街の「Heart Of Friends~障害者の祭典」というイベントへいった。
昨年から記録用に写真を頼まれている。
今年のテーマは「笑顔いっぱい」とかなんとか(ごめんあやふやで)
ああ、今年は笑顔をたくさん撮ろう、と思った。

昨年も感動したのだけど、今年もまた、本当に清々しい気持ちになるイベントだった。
障害者やその後家族や関係者や協力者や…参加者が、心の底から、楽しそうにしている。
(いやでも、イベントをするのは本当にみなさんのご苦労があればこそです。頭が下がります)
笑いとか笑顔というのはオソロシイほど正直だ。
その笑顔が、ココロのそこから開放されているのか、相手のことを思いやってるのか、
自分をキレイに見せたいのか、とりあえず作っているのか
プロ意識なのか、哲学なのか、決意なのか、生き方なのか
全部でている気がする。

残念ながら、一般の人は了承を得てからアップした方がいいと思うので、また時期を見て。
写真は、イベントのステージで参加した「徳山ふるさとチンドン隊」。
この人達のパフォーマンスが、本当に楽しかった。
チンドンやさんの派手な衣装、滑稽な化粧、すべてがもう、青空と秋の日差しに
映えて映えて。
所作のひとつや握手のしかたや笑いのとりかた、すべてに念が入っていて
素敵なのだ。素敵としか、いいようのない幸せ感を持ってきてくれる。
心に、明るい花が咲くような感じ。
「芸人」にしかできないパワー。幸福感とかカタルシス、をいただいた。

また糸井重里氏の「ほぼ日新聞」の話なんだけど、
ジョニー・ウィアーのことを話していて、その熱い語りっぷりがすさまじい。
これがまた「笑顔」について、なので。

糸井そう、そのジョニーが、縁がつながって、
ここに来てくれることになったんです。
もちろん、ぼくらはウェルカムなんですけど、
そのときやって来た彼が、なんていうか、
ぼくらのウェルカムを上回るような、
すごくいい笑顔をしてたんですよ。
池谷ああー。
糸井ぼくらはぼくらなりに、
大事な人が来てくれるっていうときの
緊張感がありますから、
彼がそれをぜんぶ超えちゃうような
笑顔を見せてくれたときに、
その緊張感がいい方向に弾けて、
ほんとにいい場所ができたんですよね。
池谷つまり、笑顔という事実ひとつだけで、
あっという間にファンになることができる。
糸井そう、素敵でしたねぇ、あれは。
ほんと、みんな、ファンになっちゃった。
わざとらしくなくて、ほんとうに
気持ちのいい笑顔だったんですよ。
「泣いてるときも、笑顔で」って
ジョニーは言うんです。
で、実際、「あなたもそうでしょ?」って言って
その場でニコッと微笑むんですよ。
するとね、ロジックなんかなくても、
みんなに笑顔がうつっちゃうんです。
池谷それはすごい。
糸井素敵ですよねぇ。
その、精神論ではなく、
事実としての「笑顔の力」というか。
皮肉といえば皮肉なことですけど、
たぶん、その事実としての「笑顔の力」を、
不幸な人ほど信じられなくなるんですよね。
そんなことをしてなんになるんだ、って。


本当にジョニー・ウィアーの笑顔は、キレイだから美形だから、の笑顔ではなく
心の有り様を出している、と感じさせる。演技でもそうで、それこそが「魅力」そのもの。
イトイさんは誰でも、「笑顔の力」というものがあると、帰結しているのがすばらしい。
まさしくほんと、そうなんだよな。

日曜日の撮った写真を次々と見ていくと、踊っている女の子、握手をしている子供、爆笑するおじさん…と連なるにつれて、なんだかあの場や空気が本当に楽しい時だったんだと
こっちも口元が微笑んで顔がゆるんでしまう。
事実としての「笑顔の力」が大きく波となって広がっていったのが
手にとるようにわかる。

私は、あまりにストレートな表現…「笑顔の写真は好き」「犬猫は可愛い」とか
「みつをの言葉はいい」とかw
イマドキJ−POPの歌詞とかは、実は全く好きではないのだけど
(どうも大抵のモノには、どっかそれを発する側に
うそくさいものや邪心を感じてしまっていやなのだ
たとえば、子供や家族写真にしても、「自分の子が可愛いオヤバカ」なのか「とにかく可愛い雰囲気写真が好き」なのか「子供の世界が好き」なのか「写真を撮るのが好き」なのか「こういう写真を撮っておけばカッコイイ」なのか、撮る側の意図なんてバレバレなんだよ。
そんなことないですか?)
自分が見たストレートなパワーは、ストレートに了解する。

泣いてるときも、笑顔で。
笑顔の力、身体の力を 信じよう。





| photo | comments(2) | - | posted by satosugar
スポンサーサイト 10:35
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








思わずつられて笑顔になってしまう。
ミッキーマウスの手がかわいい!

なるほど・・「こういうの撮っておけばかっこいい」っていうの今までいっぱい撮りました!先輩がたの写真みて参考にしたりして。
でも写真から語りかけてくるものは全然ないんですよね。
そういう写真って、いつの間にかゴミ箱にポイってしてますし。
posted by yayoi | 2010/10/19 8:46 PM |
>yayoiさん
ほんとにねえ、このチンドンやさん達は楽しかった!
Flickrの方にも挙げてますのでぜひ見てみてね:D

「こう撮っとけばカッコイイだろう」写真なんて、私もそりゃあたくさん撮ってますよ〜
でもやっぱり自分で面白くないんですよねえ。
「これは絶対カッコイイ!って私は思う!」ぐらいのがいいです。
私はやっぱり「撮り手を感じる写真」が好きなのですよねえ。
posted by satosugar | 2010/10/19 10:49 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>