Sugar&Spice GUMBO趣味あまから手帳「滋味風味」
すぐそばにあるBluesやHumor、その他もろもろの雑談横丁。
このところ、フィギュアスケート関係の話が多いです。
「あまから」といいつつ、言いたい放題の辛口御免。
その上不定期。気まぐれワガママ放題の無法地帯。
どうぞ大目に見てください。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
豊後森の 秋風通る 扇型 14:46
 JUGEMテーマ:写真

豊後森機関庫 大分にあるこの機関庫。昭和の初期につくられた蒸気機関車の車庫である。
日本でもこの扇型が残って居るのは珍しく、回転板とセットにあるのは
ここと京都の梅小路機関庫だけだそうだ。
梅小路の方は、何度かいっているが、立派な観光施設になっている。
それにたいしてこの、ほっとかれ感はすごい。

これは裏側の外側から観たところ。秋のススキが似合いすぎというぐらい。
扇型の建物に秋風が吹く。ということでタイトルの句。

実はこの機関庫も、もうこわされる寸前に「歴史的建造物として街の財産に」と住民の方ががんばられたそうで
街の財産として残ることになり、これからおいおい改修などがされるのかもしれない。
現に、私たちが訪れた1週間後には「機関庫祭り」というのが開催される予定だとかで
どうもこのまわりに屋台やらが出て賑やかになるようだ。
…もちろん、私たちは、それよりもこんな感じの方がうれしいわけで。


窓ガラスがバリバリに落ちていて、上からふってきたらどうしようかと。
しかし、ガラスの破片はキレイ。
廃墟でひとつ、キレイだなあと思うのは、光の具合だ。




扇型に何本か線路が引き込まれていて煙突の煙が屋根から外へ出る為のダクトみたいなのもある。
今はもう、そのフードカバー(みたいなもの)があるのは数個だけで、あとは天井に穴が空いている。
線路跡の一部分に、小さく緑の雑草が生えているところがあって不思議に思ったら、
屋根の穴の真下なのだ。ここにだけ、雨水が入ってくるのだろう。

緑の生命力。スポットライトがあたっている見事な「命」の舞台である。






| photo | comments(2) | - | posted by satosugar
スポンサーサイト 14:46
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








3枚目の写真スゲー!
廃墟の持つ何とも言えない切なさと
命のスポットライトがお見事!
posted by jump | 2010/10/25 9:35 AM |
>jumpさん
ありがとうー!
これはねえ、おそらく気がついた人は少なかったかと思うよ…
なんとか撮ろうと色々頑張りました!
posted by satosugar | 2010/10/25 7:50 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>