Sugar&Spice GUMBO趣味あまから手帳「滋味風味」
すぐそばにあるBluesやHumor、その他もろもろの雑談横丁。
このところ、フィギュアスケート関係の話が多いです。
「あまから」といいつつ、言いたい放題の辛口御免。
その上不定期。気まぐれワガママ放題の無法地帯。
どうぞ大目に見てください。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「I FEEL PRETTY 」felt me Whole ! 10:09
 JUGEMテーマ:写真

前のエントリでJWeが「コーヒーテーブルスタイルのアートフォトブック」を出す件について
あまり書けなかったのは
改めて紹介したかったから。

TEAM JW ART Projectで、ハードカバーのアート写真集をつくるという
そのチームって何?!いつできたの?どこがプロデュース?そして
撮影は、誰?!

ともう羨ましくて羨ましくて身もだえがするほどの仕事。

それの撮って出しが飛び込んできた。
完璧にノックダウン。まさしく、私はこういうのがほしかった、という写真集になりそう。


 'I feel pretty.'(仮) あいまいなジェンダー、クレイジーで、ちょっと奇妙。そして美しい’pretty’。
芸術的スケーター ウィアーの繊細な風貌の美と、それに相反するような人間味あふれる独特な内面の美を、
J-モダンアートテイストでみせる、ウィアー、アートディレクター、フォトグラファーとのコラボ作品。

写真家は、緒方秀美氏
ミュージシャンや広告、ファッションなど多彩な活動をされている
私とさほど年の違わない(大泣)すばらしいフォトグラファーだ。
伊島薫氏に師事されたとか。なるほど!!ロックなハズだ!かっこいいはずだ!
そしてロック魂はそのまま、その上暖かい視線があるなあ。


何が素晴らしいって、この人はちゃんと「人」を捉えていて
ファッションなり広告なりのメッセージと、人から発せられるどうしようもなく溢れる
Charmをドキュメンタリーのようにきっちりすくい取って
共存させている、と思えること。

このJWeも、これを見てスケーターだとはわからないかもしれないが
Coolでクレイジーで透明で儚げで繊細で挑戦的で静かでなめらかで...という魅力が
ダイソン並みの吸引力を持つという
彼の有り様を、焼き付けているように思うのよ。

羨ましいなあ、なんてミーハーチックにいうけど、
自分だったらどうだろう、と思うと震えが来る。
こんなすごい被写体を前にして、どう対峙して何をすくい上げ何を引き出し
自分は何ができるのか、何を焼き付けるのかを形にしていく、
そのイメージを具体的に詳細にして臨む。
強靱な精神力と集中力で
自分を信じてガップリぶつからなければならない。
迷ってはいけない、怯んでも行けない、でも恐れることはない。
被写体の世界へ、中の中へ、そして対峙してできる新しい世界へ
飛び込んでいって、アクセスするのだ。

それがまた、写真撮りのたまらない悦びであるのだけど。

うわほんと待ち遠しい、I CAN'T WAIT MORE!!ですよ!







| photo | comments(4) | - | posted by satosugar
スポンサーサイト 10:09
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








この画の感覚の独自さ。
これが写真を撮るものの一人ひとりがもつものなんでしょう。
それが光っている。 とてもこういう画は作れないので。。。
 人 難しいObjectですね。
posted by Utam | 2010/07/19 12:46 PM |
>Utamさん
ありがとうございます!この人かっこいいでしょ!スケーターなんですよ!でもすんごいロックなんですよ!

80年代の伊島さんって、ほんとにかっこよくて時代の精神でしたから、その流れを凄く感じますね。ジョニーに会えるというよりも
ジョニーをとれる、というとこにジェラシーです、身の程知らずですがw
そこまでいうなら自分もっと没頭しろと思います…

Utamさんもブルースミュージシャンの凄くいいのとっておられるではないですか!
posted by satosugar | 2010/07/20 12:04 PM |
この写真はすごく魅力的ですよね!でも、その他に上がってた過剰にコスプレ的な写真は正直どうなんだろ。。だいぶ印象が違うけど、あれも緒方秀美さん?
 
できれば、余計な飾り付けはせずにJW自身と対峙した写真集になるといいなあと思います。つまりシュガーさんが熱く語っていることだと思いますが。
posted by nora | 2010/07/24 3:10 AM |
>noraさん
お会い薔薇のとか白いのとかですよね:Dあれも全部緒方さんだと思いますが…。
フォトグラファー数名のタッグ、ということもありますけど、これは一気にいっちゃってるでしょう:D
このようなポートレート有り、ファッションフォトなのアリ、街頭スナップ有り、リンク上アリ、のほおんとに万華鏡のようなアプローチで、
ジョニも大変だっただろうけど
緒方さん・スタッフもそりゃ大変だっただろうなあ…(でも、ほとんどイケイケ状態だと思うし、めっちゃくちゃ楽しかっただろうとも思います)

しかしですねえ、昨日のあのサンバレーでのメイクはねえ…本人がやるとあれなのか?同一人物なのか?

なんかねーこの人、きっと自分のコト「キレイにかっこよく見せよう」とは本心ではこれっぽっちも思ってない気がするんですよね。
あくまで「素材としての優秀さ」と「クリエイティヴな料理になる楽しさ」、役者がいい演者でいることに近いのかもナアと。
posted by satosugar | 2010/07/26 9:36 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>