Sugar&Spice GUMBO趣味あまから手帳「滋味風味」
すぐそばにあるBluesやHumor、その他もろもろの雑談横丁。
このところ、フィギュアスケート関係の話が多いです。
「あまから」といいつつ、言いたい放題の辛口御免。
その上不定期。気まぐれワガママ放題の無法地帯。
どうぞ大目に見てください。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
スクラップブッキングとDisney Girls 13:47
JUGEMテーマ:アート・デザイン

ほんとにCAMP4が8日で良かった。
昨日の寒かったことと言ったら。冬きたんかい、ぐらい。
天気もどんより雨も降るし。
先週1週間は子供らの学年閉鎖・学級閉鎖で、家に半缶詰。
小熊はタイミング良く?インフルで寝込み、
治りかけで今度は大熊夫がダウン。今週は大熊が冬眠です。

そんな、家庭内ぐだぐだ空気の中、昨日は文化会館で
「スクラップブッキング講習会」があり、取材させていただきました。
10時にいったらもう、壁に一面の作品群。12インチ正方形のフォーマットが一般的らしい。

 
凄いです。濃厚です。甘甘です。
「…60〜70年代の、サイケな名盤シリーズみたいだ…」
と思ったのは、私だからでしょうか?






サークルの方々は13名、20〜30代くらいのママたちなんだけど、
すんごい美人で可愛いい人が多いのにビックリ。
こういう世界を好きな人は、ご自分の「カワイサ」も大切にしていらっしゃるんだろうなあ。
『キャンディ・キャンディ』とか好きだったんじゃないのかしらん、とか思ってしまったが、年代が合わないかな?

小さなカンバスに写真一枚といくつかの素材を配置していくのですが、
それだけで無限の可能性が。
つまり、その「工夫と選択」が個性なのですよね。
ほんと、なにやっても自由。「引き算」でなくて「足し算」の自由さ。
参加スタッフも「これたのし〜!」連発。
自分の思いで世界ができていくのは、マジックのよう。

考えるに、キモは「立体化」なのではないでしょうか。
リボン・ボタン・ロープ、など「日常のカワイイモノ」を使って
平面から少し浮き上がるところがやっぱり凄いのよ。
それが、現実世界とドリーミンワールドとの架け橋になっているのです。
つまり、ドリーミンの「三次元化」
「箱庭化」ともいえますね。
「想い出の箱庭化」なのではないだろうか。

で、あながち「60年代〜70年代サイケ」という私の印象は間違ってもいない気もします。
アメリカ発祥というこのデコは、どう観たって感覚は「アメリカンカントリー&キャンディーポップ」。
アメリカが、挫折からの現実逃避から一番強烈に超現実的な夢を見ていた時期だ。

The Beach Boysのこの曲が思い浮かぶ。

Oh reality, it's not for me
And it makes me laugh
Fantasy world and Disney girls
I'm coming back

現実なんて 僕を笑わせるだけ
僕は帰っていく
夢の世界とディズニーガールズの世界へ
  (「Disney Girls(1957)」『Surf's Up』The beach Boys)


聴いて涙してね! YouTube「Disney Girls」


ビーチボーイズ苦手の私だが、この曲だけは生涯フェイヴァリットナンバーの一つである、ブルース・ジョンストンの名曲中の名曲。
1971年発売のアルバムは、脳天気で明るいビーチ少年が現実逃避のようにひたすら美しい構築型POPワールドの迷宮へ入り組んでいく様だ。
その中で(1957)とあるこの曲は、小曲だけどどうしようもなく美しく儚い夢の結晶。
「家族と国家の夢」があったひたすら美しくて甘い1950年代に戻りたい、という曲なのだ。
現実は無残に瓦解しており「僕を笑わせるだけ」で意味も感覚もない。全否定だ。

12インチ正方形フォーマット、というのは、
やはりレコジャケがアートの最先端だったあの頃…夢見ることだけを嗜好した気分…への憧憬ではないだろうか。
どこか、今の「危うさ」とシンクロしてるきもするのは私だけでしょうか。

実際に制作されているカワイイママたち…は本物のDisney Girlsなのかもしれません。


| イベント | comments(0) | - | posted by satosugar
スポンサーサイト 13:47
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>