Sugar&Spice GUMBO趣味あまから手帳「滋味風味」
すぐそばにあるBluesやHumor、その他もろもろの雑談横丁。
このところ、フィギュアスケート関係の話が多いです。
「あまから」といいつつ、言いたい放題の辛口御免。
その上不定期。気まぐれワガママ放題の無法地帯。
どうぞ大目に見てください。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Happy Together 09:59
JUGEMテーマ:日記・一般



  10月10日は地元イベントのお手伝いに行ってきました。
「Happy Together 2009 障害者の祭典〜今をありがとう〜」というものです。
撮影隊が一人で心細そうなので、助っ人で。

このイベントは隔年に開かれているのですが、参加したのは始めてです。
実は、この「Happy Together」というネーミングは私が出した案なんですよね。といっても、
私もタートルズのヒット曲からいただいたものなんですが(汗
このイベントのテーマソングまでできていて、なんだかじーんとしてしまいました。

障害のある人も無い人も、みんな一緒に幸せになろうよ!
そんな気持ちの名前なんですが
本当にそのとおり、素晴らしい元気をたくさんいただきました。


メニューは壮大な太鼓演技でオープニング。ライブリーあそか園のみなさんです。
実行委員長、市長の挨拶のあと、「鳴子踊り」「ハンドベル」「バンド演奏」と演目が続きます。
どれも、日頃の成果をしっかり表現したい!というパワーに充ち満ちています。
まさに、「爆発してる!」って感じ。
ステージに立ってすきなことできるのが幸せなことだし
とってもうれしいんだよ!楽しいんだよ!!
というのが、そのまんまでているのです。
そういう波長がダイレクトに伝わってきて、「なんてステキなんだろう!!」と
睨目してしまいました。
とにかく、表情がイキイキとしていてすばらしいんです。

「みんなへの手紙」というコーナーでは
山口の朗読ボランティアの方が「障害者からみんなへの手紙コンテスト」の入選作を
丁寧にしっかりと朗読されたんですけど、
そのバックに山口大学医学部工学部のマンドリンサークルがボランティアで参加。
叙情感溢れる音色を奏でて、それはそれはもう心に染み入るひとときになったのでした。
これも、学生さんのほうから「やらせてくださーい」といって参加になったんだとか。
すばらしい!

このイベントを支えるスタッフの方々は半年前から緻密にくみ上げ、たくさんのボランティアの方たちや施設スタッフ、保健婦さん、などなどみなさんの力もすごかった。
若い人の参加が多かった。これもとても嬉しいことでした。

後半は講演「日本一無口な画家・タケさんの世界」でした。
多くの人が、勇気をもったことでしょう。

私自身、今まで自主的に係わることは無い世界で生きてきたのですが、
人間の価値観や幸せというものが、根本的には何なのか、ということまで
知ることができた気がします。
それはやっぱり「成功」や「お金持ち」や「勝ち組」などの発想の外側の世界も含んでいて
もっと大きく広くて、だからこそ「命」そのものの部分なんだと。
 
| イベント | comments(0) | - | posted by satosugar
スポンサーサイト 09:59
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>