Sugar&Spice GUMBO趣味あまから手帳「滋味風味」
すぐそばにあるBluesやHumor、その他もろもろの雑談横丁。
このところ、フィギュアスケート関係の話が多いです。
「あまから」といいつつ、言いたい放題の辛口御免。
その上不定期。気まぐれワガママ放題の無法地帯。
どうぞ大目に見てください。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
sato Sugar 今年の5枚+α 22:50
青島さんや岸田今日子さんや、なんと「死なない」と思っていたJBがバタバタと天国行きの列車に乗っていってしまって、しみじみと追悼の気持ちでいたいところだけど、とにかく毎日が矢のように過ぎていってしまって何もできずに、明日はもうオットの実家へ参ります。
ので、今年はこれが最後かな。

さて、締めくくりは私の写真生活2006。

とにかく、「4月以前」と「4月以降」は全く生活が変わってしまった。
それまでは、昨年に引き続き1日100枚、てな感じであちこちいっては撮りまくり、の毎日だったのだけど、4月からは毎日仕事、その往復途中で写真を撮る気分にならず、というダメダメ調子。やはりわたしなどはまだ、質は量からできあがってくるモノなのだと実感。

それ以前に、お正月からCanonPowerShotPro1という大きめのデジに乗り換えたことも大きい。これがわりと気楽に撮りにくいもので、なんとなくまだ、扱いが慣れずにいる。
そして、3月の旅行でなんと、Dimage400を列車のトイレに落とす、という哀しい別れが…

なので、昨年とは激変した「カメラ生活」なのでありました。

そんな1年、印象に残る「私の5枚」は…
今年は、ほんとに人ではじまって人で締めくくった1年だった気がする。

Four!

これを撮ったのが2月。

IMG_1523

(ちなみにこれもだw)


そして、スタジオに押しかけて初めて撮影お願いさせていただいたときのもの。

BlueBulldog

この時も一発勝負でほんと、狭いスタジオで床にはいつくばったりアンプに乗ったり。
でもこの緊張感はよかったなあ。

あと、なんといってもこれは衝撃。

なっちゃん 4

写真を撮っていても全然自由ななっちゃんに脱帽。
そして、ぶれてても色がおかしくても、この表情。メルクマールだなあ。

少女といえば、この子も印象深い。

(again)

夏の夕暮れ、大阪天満の飲み屋街で準備するおかあさんを待っている女の子。
これももっとピンがあえばよかったのかもしれないが、もうこの色と佇まいで私は満足w

大阪・京都編ではいくつもいいのがあったけど、もひとつ



暑い京都。おひさしぶりの師匠に「反応遅すぎ!」と怒られつつ撮ったのは、なはりとても刺激になった。この写真は自分の中でもかなり頭脳的?な感じで好きなんだけどな。

秋には、東京からyoheiくんとchieさんが遊びに来てくれて、一大セッション。この時は初めてフィルムでちゃんと撮ってみたりして。ほんとに開放されたいい1日だった。

Moments

あとは、とどめはやはりこれかな。

IMG_7915ab

オーソドックスだけど、やはりいい時をとれた!という1枚。
私って、女の子好きなんだなあw



他にも、いつものアレカレはあるんだけど、興味関心としては、やっぱり「人」なんだなあと。
可愛く撮りたいとか、キレイに撮りたいとかはあまり思わないし、プライヴェート写真で「親しい人」を撮るわけではないけど、「そこに生きるもののBlues」があればいいなあ、と思う。これは人でなくてもそうなんだけど。
よく、「人を勝手にとっていいんですか〜」と言われますが(w)確かに、このご時世問題はあるのですが、それでもギリギリのところで「女性の強み」「私のキャラ」でいけたらいこうかと思っちゃってます。ゴメンナサイw

さて、来年はどんな傑作が生まれますか乞うご期待(爆
新兵器もありますしねー、来年は撮りますよ!スナッパーsatoに戻りますよ!w
今年一年、ご愛顧ありがとうございました。
良いお年を!!そして来年もよろしくね♪













| photo | comments(5) | trackbacks(1) | posted by satosugar
スポンサーサイト 22:50
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








◆う〜ん、どれも秀逸だ。京都の歩道のやつ、
 Jackson Browneの"Pretender"を思い出した。
 あと、子供たちの笑顔。輝いてる。
 なかなか撮れないよー

 愛だね。
 
 好きなものに対する愛。
 対象物に対する愛。
 人に対する愛。

 satoさんはこういう云われ方きっと好きじゃない
 かも知れないけどw
 ぼくは愛を感じるよ。
posted by Yuji | 2006/12/29 6:54 AM |
まいどです。
今年"は"どうもありがとうございました。
来年もおひとつよろしくお願いします。

あん時はホントに楽しかったっすねぇ...
スナッパーsato?新兵器??にも期待してます。
posted by ようへい | 2006/12/29 8:44 AM |
satoさん
いい写真がいっぱいですねー。
私もこのエントリにインスパイアされて記事書いちゃいました。
Satoさんの写真からはいつも刺激を受けてます。
また来年もお互いに写真生活を充実させたいですねー:D
posted by JM | 2006/12/30 10:09 PM |
あけおめです。

年末は柄にもなく仕事の拘束時間が長くなってしまい(忙しいわけではないのがミソ)、ご無沙汰でございました。
なんだかふり返るまもなく新年になってしまった感じ。

ほんとに年末はいろんな人が他界したっすね。びっくりでした。

それにしてもさすがに2006年選りすぐりだけあっていい写真ですね。
私は天満の子供のやつが好きです。
絵的には昭和な感じですけど、大阪ってまだまだそういうところがいっぱいあるんですよね。
もう一度仕事で行けといわれると...ですけど。

というわけで、今年もよろしくです。

posted by the boss 2004 | 2007/01/01 7:31 AM |
こんにちは。

わたしはやはり最後の写真が一番好きです。中年男性アマチュアカメラマンには永久にこのような自然な笑顔の女の子達の写真は撮れませんね。

人にレンズを向ける事ができないのは、どうもわたしが初心者であるからではないようです。駅の構内やプラットフォーム、街の混み合った群衆、お祭りや運動会のような行事のときには割合と平気ですね。でもそれ以外では、かなり勇気が必要です。カメラを構えた自分がいかにあやしく見えるか自覚しているからです。きれいな花や風景、静物を撮っていると無性に人間を写したくなります。家内ははっきり言って無理、娘達が少しでもモデルになってくれればなぁ、と夢想しています。

今年のsatoさんの写真に期待しています。
posted by junki | 2007/01/07 9:48 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://chesara10101.jugem.jp/trackback/106
今年も残すところあと一日ちょっと、慌ただしく過ぎ去った一年だったかな、なんてい...
| jm's myTaste | 2006/12/30 10:07 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>