Sugar&Spice GUMBO趣味あまから手帳「滋味風味」
すぐそばにあるBluesやHumor、その他もろもろの雑談横丁。
このところ、フィギュアスケート関係の話が多いです。
「あまから」といいつつ、言いたい放題の辛口御免。
その上不定期。気まぐれワガママ放題の無法地帯。
どうぞ大目に見てください。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
お久しぶりの「JMB連携TB企画第59弾 /Music Of The Year! 2006!」 17:50
あーもう年末ですねえ。クリスマスもカウントダウン態勢ですよね。
お久しぶりのJMBですが、元締めのJMさんも今やクールな写真撮る人なんでw、この感覚・間隔よーくわかる、ってカンジですw
さて、2006はですねえ。
もう、ここに出てるのが数枚ですから、改めていう必要もない感じもしますがw

昨年からほとんど写真モードに入っていて「人の音楽聴くより自分の写真撮る」ほうがずーっと興味どっぷりだったのだけど、ここへきてその写真熱も一段落し、また落ち着いて自分の音楽を聴くようになってきました。
特に、4月から常勤仕事になると、写真どころではなくなったという現実…
そんななかでやはり、私をつなぎ止めているのは、大好きな音楽達です。
10月にやっと?iPod生活がはじまったことも大きいですねー。

さて、ということで、
今年のナンバーワンは!!

(ドラムロール!!)…


●今年はほんとに「ニューオーリンズ一色」だった。
確かに、不幸な天災によって大打撃を受けた事は心を痛めるものである。
しかし、そこから立ち上がろうとする多くの人たち、この地とこの音楽を心から敬愛する人の活動には、本当に人間の尊厳というものを感じずにはいられない。
人が紡いできた文化・音楽というのは、それ自体が宝物なのだ。
たくさんのトリビュート、救済コラボが出て、それを全部聴いたのではないけれども私はやはりこれ。すんません、意外性なくってw

What's Goin' On
What's Goin' On
The Dirty Dozen Brass Band


実は前振りとは少しずれてくるのだが、この盤は全く「救済コラボ」の枠でなくても凄い、そのUP TO DATEさが凄いのだ。
オリジナルのテイストをそのまましっかりと再現して蘇らせるやりかたもありだろうし、実際そういう方法での名盤もたくさんあったと思います。コステロ&トゥーサンとかもそうでしょう。しかし、あえて、名曲・名盤のムードによりかかることなく「今現在の方法」を使って「再構築」した、その冒険心とチャレンジ精神、クリエイト魂が凄いロックだ。もの凄いリスキーな冒険であったと思うけど、ところがそれを感じさせない余裕と懐深さがあるのは、DDBBの自信…自分たちの音楽への信頼と先人達への揺るぎないリスペクトが土台にあったからだと思う。
そして「チャレンジ」した結果をきちんと出せた、DDBBの底力が、凄い。


●さて全くの新作で、といったら、コリーヌちゃん堂々圧勝…とおもいきや
実は昨日飛び込んできたこれ!!

レモネード
レモネード
Gラヴ

私は94年のファーストからすんごいファンで、洋楽で「名前買い」してるのはこの人のみなんですけどね、ここ最近はジャック・ジョンソン一派のサーフ系でやってて、それもありなんだけどなんだかなー、「ダットン君、君ってもっとほら、街っ子でやんちゃで小粋なブルーズマンでラップやっちゃうヤンチャな若い奴やったやん?」みたいな、なあんかちょいさみしー感じもしてたんですよね。
ところが、上のDDBBでのコラボで見事ハネモン黒系に回帰していて「おおお!これは!シャケが生まれた川に帰ったか?!」と思ったんですよ。
実はこの盤、7月に出てたんですね(涙
これがもう、私好みのアーシー、ブルーズ、ニューオーリンズ、ドロンドロンなギター、光の差すようなキーボード、カンカンに乾いたドラム、スカスカの間、そしてキレのいいラップ、ともうファーストを彷彿させます。うれし涙。

上の2枚ともそうなんですが、なんというか「今と昔」「田舎と街」「明るさと暗さ」両方がないと、イヤなんですよね、私。
思えば、コーリヌ・ベイリー・レイのあのファーストも、ほんとにこういう二面性がしっかりある気がします。

●さて邦楽ではまたまたもう、これですみません(汗

Get On Up~History Of Bo Gumbos Vol.1~
Get On Up~History Of Bo Gumbos Vol.1~
ボ・ガンボス

畠山美由紀ねーさんもよかったんですけどね…
だって、先にも書きましたが、これ以上の強力盤なし、てぐらいだもん。
これ以上のファンクは聴いたことないし、これ以上のバンドもなかなかありません。

今現役でといえば、復活したキング・清志郎とかやはり原点回帰のバンバンバザールや、復活真心や新生クロマニヨンズなども気になるところ。
あともちょっとオンタイムでいけば、私はRIP SLIMEの久々のPOP路線を大きく支持します!
しかし、どれも聴いてないので失礼w



ホントに今年は音盤を買ってません。10枚あるかないかぐらいだと思う。
しかし、どれもこれももの凄い良くて。というより、ほんとに自分の好みに忠実にセレクトしたんですよね(だからニューオーリンズ一色だったんだなー)。だから満足度が高いのは当然ですが、それでいいのではないでしょうか。
イイ食物は、イイからだ・いい心、健康をつくります。イイ音楽も一緒よね。

| Music | comments(5) | trackbacks(4) | posted by satosugar
スポンサーサイト 17:50
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








こんにちは。TBありがとうございました。

気になっていたけど結局チェックし忘れてしまっているCDって結構多いんですが、この辺りは”聴いていそうで聴いてないシリーズ”です(笑)。

>イイ食物は、イイからだ・いい心、健康をつくります。イイ音楽も一緒よね。

いい言葉ですね。僕もあーだこーだ言わないで、こんな風に書けたらいいなと反省中です(笑)。では、またお邪魔させていただきます。
posted by Dreddy | 2006/12/22 10:23 AM |
ありがとうございますーコメントも残さないですみません!すごい詳しいレビュー、またゆっくり伺って楽しませていただきます!
このあたりはやはりちょっと辺境ディープなんでしょうか。今回はほんと偏っちゃいました。だいたいこういうノリの音楽が一番好きなもんで(苦笑
posted by sato | 2006/12/23 12:55 AM |
◆うん、このDDBBのWhat's Going Onは僕にとっても
 画期的な一枚だった。一時、狂ったように家でも車でも
 聴きまくっておりましたわ。

 今朝は子供たちがおおはしゃぎ、かな?
posted by Yuji | 2006/12/25 6:13 AM |
yujiさん
ベスト5見たよー!かぶってたかぶってた!
私的には、今年は聴く量は少なかったけどどれもオオアタリで非常に効率のいいとしてしたー!

ドノヴァン好きなら是非G.Loveも、オススメですw
posted by sato | 2006/12/25 11:07 PM |
Satoさん
超遅レスで申し訳ありません。
なにしろ写真で忙しいですからねー。
Blogよりも何よりも写真モードです。
このあたり共通項ですよねー。


さて音楽についても共感するところが多い。
やっぱり来ましたDDBB。
これも選ぼうかと思ってました。
私もこのところのNO系の元気さが嬉しくて、
かなり聴いた一年でした。
DDBBは数年前に怖い目をしながらSFでLive観たのが
良い思い出です。
行き帰りはマジでビビリましたけどね:P

G.LoveとBo Gumbosは聴かなきゃな。
Satoさん印だと信頼できますからね。

食、音に加えイイ被写体も健康にプラスですよね。
今は気に入った絵が撮れたときが一番グッと来ますし、
仕事の発想にも間違いなく+になってます。

では、今年もJMB、Flickrでよろしくお願いします:D


posted by JM | 2007/01/08 8:46 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://chesara10101.jugem.jp/trackback/105
最近サボっていたが、久々にJMさんのブログでの「JMB連携TB企画」からお題を頂
| Voyage To Funktasia | 2006/12/22 10:16 AM |
畠山美由紀(ハタケ
| = 音凾 = | 2006/12/22 8:04 PM |
APPLEのiPhotoコンテストで2年連続グランプリという快挙を成し遂げてiPodを2年連続もらったJMさんのTB企画に参加するようになってから3度目の年末です。 私は、起床して水を飲んで身支度したら、板の間では痛いのでソフ
| うるしのうつわ うたかたの日々の泡 | 2006/12/23 9:14 AM |
12月も半ば、今年も残すところあと2週間足らずということで、恒例のJMB連携T...
| jm's myTaste | 2007/01/08 8:29 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>