Sugar&Spice GUMBO趣味あまから手帳「滋味風味」
すぐそばにあるBluesやHumor、その他もろもろの雑談横丁。
このところ、フィギュアスケート関係の話が多いです。
「あまから」といいつつ、言いたい放題の辛口御免。
その上不定期。気まぐれワガママ放題の無法地帯。
どうぞ大目に見てください。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
ちょっとしたお買い物 23:06
 JUGEMテーマ:日記・一般



…そうそう、その山口市・道場門前へ行ったときのこと。
向こうの友人が「韓国薬膳のお店ができたみたいだから行ってみたいの」ということで
ではそこでランチを。
アーケードの店店は、ほんとにどんどん閉まっているところが多くてかなりの衝撃を受けた。
それでも、商店街の人は歯抜けになっては賑わいが減ると言うことで、いろいろ工夫をして。
雛飾りを飾ったりNPOでお店を出したりして頑張っていて、
その薬膳のお店はやはりそんな「町おこし」の方たちがはじめたらしいです。

そして五穀おかゆやらサムゲタンやらを美味しくいただいて(本当に汗が噴き出した!)
(これはほんとに本格的で美味しかった!…ちょっと量が少なかったけど)
店の片隅に、韓国食品がいくつか売ってたんですね。
で、サムゲタンの材料になる薬膳があったんで
「お、家でサムゲタンを作れる!」と思って手にとったんですが、パッケージには写真と韓国語の作り方があるだけだったので
「これはどうやって作ればいいんですか?」とお店のおばさんに聞いたんです。すると明るく、

「さあ?私もわからないんですよね〜作ったことないから〜」
「韓国語が読める人がこないだ読んでたけど、忘れちゃった〜」
「でも時々買って帰る人いるんですよね。だからできるんだと思いますよ〜」

「え、でもこれはわからないなあ…」というと

「最近はネットで調べてみたら、作り方とか出てますよね〜」
と、あくまでも明るくにこにこと。しまいには
「あ、この写真では鳥がこうやってあってここに栗があるから、この写真をみて作ったら作れるんじゃないですか?」
 というので、
「いや時間とか分からないから…」というと、しぶしぶ裏をじっくり見て
「ああ、おそらく30分ほど水につけるみたいですねえ。そのあとは一緒に煮たらいいんじゃないかしら」

ここまで言われると、まあやってみようかなという気になって

「じゃあ買って作ってみます。ネットで調べてみます」

というと、帰り際

「できて美味しかったら作り方とか教えてね!」

とこれまた明るくご挨拶されてしまいました。


帰ってから、なんか腑に落ちないなあと。
ものを売るのに、こんな無責任なことでいいのかしら?と。
しかし、も少し考えたら「これはこれで面白い」と思って楽しむのが作法なのかしら?
特に町おこしでやってる人たちなんだから
その「ゆるさ」も味の内、と思って、苦笑でもするのが構えとしていいのかしら?と、
悩んでしまいました。

でもそれだったら、私なら
「サムゲタンまだつくってないんです!ごめんなさい!作ったら是非情報求む!」とかいうPOPを出しますね。
そういうヴィレッジ・ヴァンガード的な感じで「遊び」を狙う、という意図でね。

うちの隣のお宅の庭先には、奥さんが作った菜園でのお野菜が軒先販売されています。
昨日見たら、このお野菜高騰の折、ありがたいほど安い!
お花の苗、お茶などもあって、とてもうれしい「小さなお店」です。


お野菜はこんな風に籠の中。ニンジン50円、瑞々しいほうれん草が100円。
その向こうでは水仙がゆれてます。


そこで昨日は「高菜」を買ったんですが、私普段はこれどうやって料理するのか知らなくて
買ったこと無かったんですよね。
ところが、高菜50年にはこんなレシピが。


手書きですよ?しかも、ハッパの水分で破れない塔に、ちゃんとビニールに入れて。
ありがた〜い、と感激していただきました。


そう思うと、NPOだからとか企業だからとか、そういうことではないと思ったんです。
「相手にどうなってほしいのか」という、明確なメッセージがあるかどうか。

まあその辺はお互いに助け合って、とか
ここまでするから、あとはデキルヒトがして、とか
そういうことではなくて。
明確に、「渡す相手のことを頭の中で考えているかどうか」

これは、普段の仕事でも同じで、「お金をもらう人」と「エンドユーザー」が違う場合など
エンドユーザーの「手にとった様子」など、ほとんど想像しない、人が多くて
ほんとにビックリしてしまうんです。
田舎だから、なあなあで許してしまう体質なんだろうなあ…

なんで?いいじゃんゆるくてもお互いにいいかげんでやれば?
みんなが無理せずにハッピーになれるやん?

それだと、今はいいけど、絶対先細りになるんだよ、って私は感じています。

なれ合いからは、感動や、受け継がれる感謝の心や、真の意味でのリピートは、生まれないからです。

ちなみに、トップの写真は、「青菜の煮浸し」おいしかった!!!!



| おさんぽ | comments(0) | - | posted by satosugar
トンネルの向こうに春はくる 14:19
 JUGEMテーマ:日記・一般


まったまたいろいろあったのに空いてしまいました。
いつものように、ざっくりまとめ。

・1月22日にソルジェンティのデビューライブ@渡邊翁記念会館。
パンフレットのインタビュー部分を昨年からやっていて、出来上がりにもドキドキだったが
コンサートもパンフも、無事終了。
ライブはこれからの課題も色々あると思うけど、2人の力はいい!と思うので
是非是非、これからも頑張ってほしいなあ。
そして、またどんどん成長していく2人にインタビューをしていきたい。
ふたりの道のりははじまったばかり。

・23日 西武石油撮影会
「工場萌え」2回目の参加。一昨年は三脚も持たずだったのですが、今回はちゃんと持って行きました。
そして高校2年写真部の小猿も一緒に。
夜の工場は前から大好きだけど、今回は乗れずに通り一遍になってしまった。
やはり最初は驚きの連続だが、2度目となるとテンションは上がらない。
前にとっても興奮して撮ったのが、全く評価されなかったトラウマもあるし。
これでは失格だなあ、と自分で思う。
トンネルは長い。





一通り撮って、2部組は居残りだったのだけど何か寒気がして帰ったら
やはりこの日から風邪でした…

・1月末から風邪引きつつフィギュア欧州選手権・全米選手権が始まり
がっつり見る。Jスポに入ったので(なかなか繋いでくれなくて焦った)
生中継をなるべく見ようと思うけど、夜中はさすがにキツカッタ…
欧州では、ロシアのガチンスキー、チェコのミハル・プレジナに瞠目。
のぼり調子のギラギラ感、というのはこういことをいうのだ。
もちろん、フロラン・アモディオ君も好きなので堪能、でしたが、
来期はこのふたりに肩入れ決定w
全米は、男子は大番狂わせ。ジェレミー・アボットファンはがっくしだったようですが
私はどうもこの人が苦手で。演技も私が見ていて良かったためしがないほど間が悪い。
ライアン・ブラッドリーが大受け演技+4回転で優勝というのは、なかなか劇的だった!
アダム・リッポン君は、髪の毛を切って天使から王子へ変身したけど
昨年のあの羽の生えた伸びやかさが見られず、本当に残念。
それよりも女子の、アリッサ・シズニーの美しさにぞっこんになってしまった。
フリーの音楽はG.ウインストンの『Winter Into Spring』で、これが本当に
この人のこの滑りのための曲のよう。すべてが一緒にすべっているというか。
解説の人が行っていたが、この人の感性、技術、感情、知性がすべて表現されていると。
本当にそう思う。特に「知性」を感じるのだ。美しい詩か文章のような。
このようにシズニー姫を開花させた佐藤有香さんの美意識、哲学の深さだ。
かつてないくらいの、深淵で洞察力があり包括的視点があるからだと私は思っている。

・『ELF』2月号が無事発行。
これもまた1月末までアタフタしていて綱渡りだったのですが、スタッフのがんばりで10日に納品。
今回はグルメ情報と、ヘアサロン特集第3弾(春に向けてね!)手作りの和風小物、
町歩きは「図書館」。
宇部市の図書館、山陽小野田市の中央図書館は、それぞれ個性があって、スタッフ達の努力が凄いんです。
でも案外、「知っている人は知ってるけど、知らない人は知らない」。
宇部市の図書館の煉瓦塀が、大正時代の紡績工場のものだとか、山陽小野田市の「闘病文庫」は日本全国でも注目されている活動だとか。
ああ、もったいない、こんな面白いこと知らないなんて!
そんなトリビアやネタを紹介しています。

・宇部市の白鳥が強毒性のインフルエンザに…
ときわ公園の名物だった多種の白鳥の中で、強毒性の鳥インフルエンザにかかって死んでしまったものが発見されて
400羽弱が、予防のために捕獲され処分された。
これはまた、改めてじっくり書きたいのですが
ほとんどの宇部市民、全孤高の宇部市に馴染みのある人が、この事態に
胸のつぶれる思いをしたに違いない。
あまりにショックだったので、口にすることもできない人もいる。
深く深く、忌み嫌うこと・トラウマ・悲しいこととしてそのままココロの中の過去へ、封印してしまうのだろうか。
果たして、それはいいのだろうか。
トンネルは「トンネルだ」とはっきりと言葉にすることが、次へのステップになるんじゃないか、と私は思っているのですが。

・フィギュアスケート4大陸選手権@台北
総括的なことはすっ飛ばして
私にとっては「鈴木明子今シーズンラストの国際大会」だった。
世界選手権にいけなかった雪辱戦をぜひ!!となみなみならない肩入れをしていたのだが
アッコちゃん自身もそうだったのかもしれない。
全く不本意な演技だったと思う。
思えば、ネクストオリンピックのこのシーズン、何をどうやって創り上げるのか、が
かなり難しく心身共に苦労していた気がする。
でも、それは彼女だけではなくて、浅田真央には浅田真央のトンネルがあったし、安藤美姫にはトリノ以降のトンネルがあったわけで、
また、来期!展開をしていこう、アッコちゃん自身のブログにあったように
人生まだまだこれから!だから。

・春になると、何故か山口に行きたくなる。
ちょっと前に買ったHOLGAをやっとこさっとこデビューさせに行ってみたら、
ビックリするほど好きだった店が閉じてしまっていてショックだった。
どこでもなんでも、今が大変なのは同じなのかもしれない。



でも、ちゃんと春は来るさ。
まっさらな、手つかずの春が。




| おさんぽ | comments(2) | - | posted by satosugar
秋によせて。 17:41
 JUGEMテーマ:写真

ただでさえあまりアップしないのに猛暑とだったり仕事が忙しかったりで
すっかり休んでしまいました。

とにかく、程度というモノがあるだろ!という夏でしたが、でも、「冷夏」よりは
メリハリがきいて好きかもしれません。
秋の訪れもじわじわ引きつ戻りつというよりも、雷がドしゃーんと落ちて、大嵐になって
そしてすっかり秋の世界です。



私が撮るとどうしてさわやか〜な写真にならないのだろうかと。
仕方ないです、こういうのが好きなんだからしょうがない。
私の「本当」はこういうところにあるのだから。

これからちょっと、絞りこんで記録的なのをいきたいなと考え中。


ジョニーが、糸井重里との対談で「Heartで暮らしてSoulで滑る」みたいなことを言っていて
それは本当に目からウロコでした。
そこのことなどはまた、次回に。
(これからなんとか毎日更新…の予定というか希望というか…)


| おさんぽ | comments(4) | - | posted by satosugar
逢坂の関・大阪の関。 15:44
JUGEMテーマ:日記・一般


京都駅。

さてその連休の前に、実家の滋賀県大津へかえっていました。
懸案事項もスムーズに解決。
この2年ほど帰省してもどこにも行けず誰にも会わず状態だったのですが、
久しぶりに大阪へ出て、私の写真の師匠にお会いすることができた。
やっと生き返った気がする。

大津といっても2年前に両親が越してきたばかりなので、あちこちが目新しくてオモシロイ。



念願の、「逢坂の関」にある「蝉丸神社」に行った。
京阪京津線に乗っていると踏切すれすれに鳥居が立っているポイントがあって、それが
あの百人一首で有名な「蝉丸」の神社なのだ。(二つある内の下社らしい)


鳥居のすぐそば、というより、電車が境内を走っているのだからのんびりしたもんだ。
蝉がまだじんじん鳴いている。何故か「京都の蝉だなあ」と解る。
祖母の家で聴いていた蝉と、反響が同じ気がして。



「これやこの行くも帰るも別れつつしるもしらぬもあふさかの関」

手前のトンネルでは園児たちが通る電車に手を振っている。
このトンネルがまた、煉瓦造りの激渋。


蝉丸は琵琶の名手だったので、「芸能の神様」になっているようだ。
私もお願いしておいた(笑)







昼からアート関係の妹と、父の植えた桜を見に行って、天満界隈の画廊やレトロビルを廻り
夕方に四つ橋にある、Maggot師匠のフォトギャラリー「Gallery Maggot」へ。

久しぶりにお会いしていきなり
「もう自分で現像したらええのに」と
現像の仕方、の前の、撮ったフィルムの巻き方講習会が始まる(汗)
「いやまだ、やっとフィルム撮り始めたところですし…フィルムでいいのは解ってるから
おもしろくないなあってあんまり手をだしてなかったんですよ」
というと
「そんなんかわらへんやん」
とバッサリ。
そなんだよな、師匠なとてもシンプルで力強くて、すごく納得してしまう。
ぐずぐずイイワケしてる自分がさらっと抜け落ちる。

「いやぼちぼちいきますわ。まだまだ子供もいるしなかなか好き放題には…」
というと

「そんな、じっとできる人間じゃないやろ、あんた」

見透かされてる…(爆笑)

で、すっごくすっきりとガンバロー、と思えましたね。
とにかく、年末に大阪でデビューだ。



それからは、これまた久しぶりにマンガ&イラレ達人JUMP氏と会って、
マンガと写真についてお互いに励まし合い!



行くも帰るも、知るも知らぬも、大阪の関。

| おさんぽ | comments(2) | - | posted by satosugar
食には人生のすべてがある…2 「hygge」(ヒュッゲ)@山口市 00:24
JUGEMテーマ:日記・一般
 

松山話からそれますが、そういえば、山口にもすてきなお店があります。
ついこないだ、元の職場のカワイイ後輩女の子と
「女子ランチはこういうところがいいよね」とセレクト。
(私が「女子」範囲か、ということは不問と言う通しで)

『hygge』

国道沿いからぐぐぐっと山の方へ入っていった、緑のなかの人里。
(ところが丁度立体道路を建設していてこれがどうなるか不安なんだけど)
デンマークデザイナーズハウス、という向こうのおうち(2件繋がっているタイプ)。
そのすぐ側には隠れ家的フレンチがあるよ。予約のみの限定店だって。

とまれ、hyggeです。
玄関に入ると靴を縫いでリビングへ、という感じの、ほんとに「民家」
奥のキッチンも見えますし。
素敵な小物や本、グリーンがたっっくさんおいてあって
本当に「生活感満載」。北欧モノで統一された洗練感…とは反対の、日本の骨董あり
イタリアのヨーロピアンあり。ivory芳賀さんの石けんもありました。
このごちゃごちゃ感、がいい。すごくいい。
マダムはちょっと北欧っぽい感じの方で、これがまたゆったりとあったかくて
「おうちに遊びに来た」感じなんですよね。


廻り階段を上がってロフトから見下ろした玄関とリビング。

結局ね「生活」てのはいろんなものとの共存共栄、なんだと思うんですよ。
異質なモノとか一見違うモノ、が入ってきてこそ、「生活のある世界観」なんだと。
そういう「許容量」とか「ユルサ」とか「ヘテロ感」があって
雑多モノをどう折り合いつけていくか。
ワンカラーで統一された世界は、リアリティが薄いです。ありえない。

とまれ、hyggeです。
そういう意味で、きっと女性が来ると「ああっ!こういう生活したい!」と思える
そんなお店です。
そして、メニューがお昼は「ワンプレートとスープとパン、デザートと珈琲」
素材は地元有機野菜。添加物なし、ほんとの「身体にいいスープ」と聞いていましたが。
まずその、ワンプレート、にびっくり!!
おっきい正方形皿に9種類ものお料理が!!!確かにワンプレートだけど凄いボリューム。



どれも特別な技巧とかじゃないんです、でも
「カラダが浄化していく感じがする…」
しっかりおいしさの味が濃い。イタリアンテイストのおからとか、ひじきにびっくり。
それがほんとに、カラダが喜ぶ旨さ。

パンもスープも「いいもの」なのがよく分かる。
こいうのをゆっくり味わって食べるのって、ほんとにシアワセだなあ。



リビングはおっきく2面が全面ガラス、上の方がステンドグラス。明るい。



色のコーディネートがイイカンジ。明るいに映える色達。



hyggeのお食事はシンプルに素朴に
「食べた人の身体と心がにこっと笑うように」
ここひとつからできている気がする。
「どうだすごいだろう」も「オシャレも味の内」もない
一番みんなが涙する
「お母さんの味」の世界なのだ。
で、実際「お母さんの味」というのは「お母さんだから」できるのではなくて
子供を育てる、という最も「許容量」と「折り合い」と「共存共栄」が必要な仕事から来る
味なんだと思う。





| おさんぽ | comments(0) | - | posted by satosugar
「食には人生のすべてがある」1~松山『Amitie』 13:05
JUGEMテーマ:日記・一般
 

松山へ帰ると、昔からの馴染みのあの店この店へ行きたくなる。数日間の滞在の中、いつも全部は無理なのだけど。
四国松山・松山城の南堀端にある『Amitie』(アミティエ)は、昔は『a table』(アターブル)というフレンチビストロだった。気取ったフレンチではなく、気軽な洋食屋さん。
人生を楽しめ!おいしいもん食べて笑え!とアコーディオンの音楽師が出てきそうな、
そんなお店。手書きのメニューにシェフのこんな言葉が。
『食には人生のすべてがあると 僕は思います』
Indeed!!

パンはこんなかごで、熱々ででてきます。かわいー!:D


そしてメイン…撮るの忘れた(爆
いつものお気に入りは、瀬戸内海でとれとれのお魚のグリル。
フレッシュオリーブオイルとニンニクとバターのソースがた〜〜〜っぷりかかっていて、
たまらんめちゃ旨。グレなどの瀬戸内海の白身魚とベストマッチ。脳天直撃系。

実は何といっても大好きなのが、デザート。
たくさん種類があるのですが、やっぱりこれが凄い。


でっかいプレートにがつっと熱々のガトーショコラ。中はとろとろチョコ。
そして、これまたたっぷりのバニラアイスがのっって、ケーキの熱さでどんどん溶けていく。
一緒に口に入れると、熱いのと冷たいのが口の中でいっしょになってそりゃもう!
普通だったらこの大きさあけで、もうおなかいっぱいのハズなのに
なんでおいしいモノはすんごい入るんだろうな〜、私の胃。

で、このランチコースって、すっごいボリュームで1500円たらず。激安。
こういう「食べ物のシアワセ」って、ちょっとした地方都市が
一番充実しているのじゃないかなあ。
素材はイイ、味覚が洗練されている、マーケットはある程度ある。地代が安い。気取らない。
松山とか、も少し大きくて福岡とか、(ある地域の)大阪も、
おいしくて楽しいぞ、たべもんやが。
同じ「田舎」でも、「楽しもう」って文化のないところは
こういう食べ物店は出てきにくいのだ。
「食には人生のすべてがある」のに、食べることを楽しめないのは、もったいない!

食べること、は、やっぱりブルーズだよな。


| おさんぽ | comments(0) | - | posted by satosugar
春なんです 00:08
Spring Has Come!

日曜日はふらっと田舎の方へ。のおんびりほっかりする感じが撮れればいいなあと。
私は旦那さんが使っていたistで初デジイチ。旦那さんはK10D。
デジイチも、きもちいいもんですなあ。

あまりにオーソドックスかなあ、芸風違うやん、て感じもしますが、まあ、いろいろやってみたり。まああまには、頭の力も抜いて。オーソドックスなのも撮れないと。そして「自分か一番気持ちよく撮れること」が一番やね。


| おさんぽ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by satosugar
ココにある日常 ソコにある思い出 07:13


あかんな〜週1になってるなー。なんか書くことが小ネタはあるんだけどなかなか形にしにくいまま、日々がすぎていってしまいます。
ということで、ネタメモ。(タイトルのみ)
・20年一昔
・写真教室のハンサムな先生
・なんといってもドノヴァン・フランケンレイター!
・この夏の一番ヒット「ユッケだれ」



さて、少し前に「ココにある日常 ソコにある思い出 山口さん家の365日」というイベントに行って参りました。(@情報芸術センター、山口市)

これはリンクをみていただければわかるんだけど、一般から「その日の写真」を募集して、それを365日にまとめるというもの。つまり、それぞれ違うみんなの1日1日が、日めくりのように見られるわけです。毎日が誰かの大切な日。

この企画、前からすんごいたのしみにしてたんだよねー。
だって、もう、企画案自体が泣かせるではないですか。

続きを読む >>
| おさんぽ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by satosugar
| 1/1 |